about usadvertising infocontactfaqnewsroom

Newsweek Interview with Kjeld Duits

Tokyo, May 24 2010 – Way back in 2008, Newsweek Japan published an interview with Kjeld Duits about Japanese Streets. It has finally been put on their site.

Under the title Nippon Dai Suki, Newsweek Japan interviewed several immigrants who have adjusted to Japan in surprising ways. One of the immigrants interviewed was Kjeld Duits, founder and chief editor of JAPANESE STREETS.

ストリートファッション革命の伝道師 • キエルト・ドゥイツ(写真家、ジャーナリスト)

[2008年10月15日号掲載]

海外から日本のストリートファッションをチェックする人にとって、「ジャパニーズ・ストリーツ」は貴重な情報源だ。凝りに凝ったゴスロリからカジュアルなTシャツまで、1万5000点以上の写真を掲載。国外からのアクセスが9割を超えるため、文化的背景を含めた英語解説も添えている。

02年に同サイトを始めたオランダ出身のキエルト・ドゥイツいわく、着物の布やジーンズなど和洋のミックスはもちろん、アニメキャラクターのイメージまで何でも取り入れてしまうところに「オリジナリティーを感じる」。彼お気に入りのブランド「タクヤエンジェル」がいい例だ。アニメのキャラクターのコスチュームを彷彿させる色やデザインに、着物の布や柄を取り入れている。

学生やOLの着こなしでも、トップスの重ね着を楽しんだり、思いがけない色を組み合わせるところに「着物や浴衣の文化も感じる」とドゥイツは語る。「だから欧米では考えられない色や素材の組み合わせを軽々と着こなせる」

82年に来日した当時、彼の目に映る日本の若者はちっともおしゃれではなかった。アイビースタイルなど外国のファッションに飛びついてばかりで、そんな姿はむしろ「日本人であることに恥じらいを感じているようにみえた」。

それが変わったのは90年代半ばのこと。「欧米人に引け目を感じない若者が増えた。戦争から解放された彼らは、日本のいいところに目を向けるようになった」とドゥイツは言う。「この『静かな革命』をドキュメントしたいと思い、スナップ写真を撮りはじめた」

原宿では売り上げの3〜5割を外国人客が担う店も出てきたとか。ドゥイツが感じた静かな革命は、新たな日本の「顔」になりつつある。

Related

http://www.japanesestreets.com/about/957/newsweek-interview-with-kjeld-duits