about usadvertising infocontactfaqnewsroom

Asahi Shimbun Covers Kjeld Duits

Tokyo, April 6 2009 – Both the print and online version of The Asahi Shimbun GLOBE covers Kjeld Duits in today’s edition.

The article is brief and focuses on Kjeld Duits as a foreign correspondent in Japan:

阪神大震災で記者に転身

オランダの新聞やラジオの特派員を務めるキエルト・ドゥイツ(49)は、兵庫県芦屋市に住み、在日27年。

1000人近くの受講 生がいた英会話学校を94年に閉めた後、外国語の習得方法の研究開発に打ち込むはずだった。

運命を変えたのは95年1月の阪神大震災だ。

がれきの下から「助けて」と叫び声が聞こえたが、何もできない。自分にできることは何か。

海外へこの惨事のニュース配信を思いついた。母国のメディアに記事を送り、特派員の仕事が始まった。インドネシアの津波や中国四川省の地震の被災地 へも足を運んだ。「災害報道はライフワークのひとつ」だという。

独自のニュース(iKjeld.com)やファッションのサイトも立ち上げ、多方面の日本情報を発信し続けている。

The Asahi Shimbun Globe is delivered as an insert in Asahi Shimbun. With a circulation of 8.27 million, the Asahi Shimbun is the second most circulated out of the five national newspapers in Japan.

Related

http://www.japanesestreets.com/about/540/asahi-shimbun-covers-kjeld-duits